So-net無料ブログ作成

映画 『タナトス』 観ました♪ 感想感想。 [徳山秀典さん]

111009_172222.jpg
『タナトス』

徳山秀典「タナトス」映画化で主演、プロボクサー顔負けの肉体に
http://eiga.com/news/20110427/21/

元世界チャンピオン竹原、徳山秀典と佐藤祐基を「天才」と絶賛!
http://eiga.com/news/20110911/4/


お久しぶりでございます。

残念ながら舞台挨拶は見られませんでしたが、(だって取れなかったんだもん!)
「タナトス」の本編は見て参りましたよ~。

シネマスコーレに行くのは「幼獣マメシバ」を見て以来。
(何を見とんのじゃ!って? だって、可愛いんだもん♪)
「そういや、佐藤二朗さんの舞台挨拶見たなぁ」
「あの時より、今回の舞台挨拶の時はきっと凄い人だかりだったんだろうな~」
なんて、思いを馳せつつ
「こ、こんなこと恥ずかしいよな~」
なんて、キョロキョロとかなり挙動不審なわりにしっかりとこんなの ↑ 撮ってきました。(爆)


イメージ21663.jpg

闇の中、クロスして走るバイク。
ギラギラと光るライトの群れ。
エンジン音がけたたましく吠える。

喧噪の中、冷たい光を発する鋭い目つきの一人の男。
やがて、エンジン音が止まり一瞬の静寂が訪れる。

その男は口の端に銜えていたタバコを投げ捨てると
狂気にも似た闘争本能を露にした。

こんなシーンから、この映画は始まる。

イメージ21636.jpg

中学の時、父親を半殺しの目に会わせて家を出てから
ケンカで生活費を稼ぐ、孤高な不良少年。
友だちも女も一人もいない。
他人に触られただけで人を殴るようないかれたむしけら。
それが、リク…。

家も亡く友もなく、
誰とも心通わせることもなく
ただ生きるために喧嘩に明け暮れる。
心の闇に支配された男。
人一倍愛に飢えているのに…。

そんなリク心の闇…。
それは寂しさ、悲しいまでの孤独…乾いた心。

タナトス = 「鉄の心臓と青銅の心を持つ非情の神」とするなら
それは他人の目に映るリクそのものなのだろう。

リクは乱暴者で礼儀知らず。
けれども本当はとても純粋なのだと思わせるのだ。
きっとそんなところに千尋も惹かれていったのだろうし、
周りの人たちもリクのそんな一面を感じていたに違いない。



なんて、なんともシリアスなことをから書き始めてしまいましたが、
さて、ストーリーはというと、
暴走族抗争の助っ人としてその日暮らしをする青年が、
ひとりの天才ボクサーと出会ったことにより、自身もボクサーの道を歩み、
チャンピオンを目指す姿を描く。
というあらすじが全てであります。

それじゃ、身も蓋もないですけどね。(笑)
だから、見るべきは先述したシリアスなところじゃなくて
リクが成長する姿なんですよね、きっと。

イメージ21645.jpg

されどリクが殴られ、蹴られ、挙げ句の果てには半殺しの目に遭うという姿は
何ともはやS女には堪りませんのよ。(おほほっ)

しかし、こんなに血のりべったりが似会う人もいないよなー。
さらにカッコ良さ増すもんな。(←オイ!)

このお話、殺人事件が起こる訳でも爆破シーンがある訳でもなく
ハリウッド映画のような派手さはないのかもしれないけど
試合のシーンは迫力があるし、ボクシング自体をよく知らない自分でも十分に楽しめたし、
意味が分からないって人は少なくともいないと思うんです。

いつもは、プライム・サスペンスとかサイコ・サスペンスが大好きな自分が
どう思うんだろうと思ったけれど、これがまたなんともすんなりと見れる映画なんですよね。

この映画、不思議なもので続きを見隊というよりは
この先もリクの人生をずっと見ていたいという感じですね。
何か知らず知らずのうちに映画の中に自分も入りこんじゃってて
リクや周りの人達が今もどこかで生活してるんじゃないかって気がするんですよね。
だから、ホントにリクが燃え尽きるまで見届けたいかな。

イメージ21652.jpg

さて、ちょっとしたネタバレになってしまうかもしれませんけど

千尋に貸してもらったタオルを握り締めまるで幼い子供のように眠るリク。
一番好きなシーンです。

「大きな子ども」と書いて「リク」と読む、なんてね。
切なくて愛しくて抱きしめてあげたくなりましたよ。
ま、そんなことしたら速攻殴られるでしょうけどね。(笑)

見た目は(特に最初の頃は)、すれ違ったら目を反らす程、
電車の中いたら思わず背を向ける程
「こえぇ?!」けど愛すべき男です。ハイ!

とれと、お気に入りは「俺に触るな!」ですかねぇ。
この台詞、オスカーで言うところの「まさおって言うな!」みたいなリクの決め台詞…。
えっ! 違う?? 
そのへんは、劇場かDVDで確かめて下さいませ。( ̄ε ̄)~♪

あと、須藤がリクに言うセリフで「(ほげほげ)…したらダチになろう」っていうのがあって
「あんたらもともとダチやん!」と突っ込んだのは自分だけではないはず…。
素のお二人のバックグラウンドを知ってるとちょっと笑える場面でもあります。

最後に、主題歌の「愛のまま永遠に」ですが
この曲、もちろんCDも買ったことですし、聞いてはいたんですよ。
だけどあんまり歌詞がもつ意味みたいなものが入ってこなかったんです、実は…。

それは、エンドロールでこの曲が流れた時のことでした。
歌詞の一言一言が心に沁み込んできたんですよね。
霧が晴れるようにそこにはリクの姿が鮮明に浮かびあがってきて
「あ、これはまさにリクの想いなんだ」って。

♪ 流れる星屑に願いかけた夜
♪ 触れ合った温もりに震えた

特にここのフレーズは琴線に触れるとでも言うのでしょうか、
リクの想いにこちらの心が震えた思いでした。

エンドロールのガン見もいいですが、少し目を閉じて歌詞を味わうというものいいかもですね。
(はい、妄想好きなのでついてきてくださいね。笑)

好きなことばっかり書いて、これって感想になってるんでしょうか?
何か、大事なこと書き忘れてるような気がするんですけど。
また何か思いだしたら何かのついでにでも書くことにしますね。

では、また。



nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:テレビ

『怪盗ハンサム』名古屋上陸スペシャルイベント その4 [怪盗ハンサム]

歩みを止めた公彦は手にした携帯を耳にあてる。
すると、一瞬その表情は何かを躊躇するように空を切った。

4-01.jpg
「ごめん…、君のことは好きじゃない…」


公彦の口からは耳を疑うような冷たい言葉がこぼれる。
言葉とは裏腹に力を失くした腕、携帯が耳からはずれる。

その時だった。
公彦がおもむろに踵を返し彼女の隣に寄り添うように座る。
4-02.jpg

そして、彼女に耳に向かって囁いた。
4-03.jpg
「愛してる…」


なんつって、勝手に…。((^┰^))ゞ テヘヘ


ここで一番残念なハンサムさんを拍手で決定することに。

(ニコ動のコメ風に表現すると)

★達郎
8888888888888

★哲郎
8888888888888

★塁
888888888

★公彦さん
8888888888888888888888

てな感じかな。

で、もちろん最下位は照れ照れだった塁(他のハンサムさんみんなで指差し攻撃)。

毒島:「ノーハンサム!!」

そして罰ゲームはなんと「キス顔ご披露」。
透明のアクリル版にキスしたところを毒島が全面からカメラで撮影し
それが、スクリーンに大写し。
(要するに自分が相手だと妄想しろということらしい。←ホントか?)

毒島:え? アクリル板があと3枚あるって? 

スタッフが4枚買ってきたらしいが…。
毒島さんよう!
いや、4公演あるのだから4枚買ってきたってのはある意味正解じゃないのだろうか?(笑)
ま、完全に最初から全員にヤラせる気満々だったんだろうけど。

4-04.jpg
「ん? おかしい…。確か罰ゲーム…。」


などとのたまう公彦さんの微妙な抗議なんて誰も聞いちゃいない。

結局、じゃ、他の3人にも同じようにやってもらいましょう
とかそんなノリで他の3人もキス顔を披露することに。

誰かが「塁が一番いいじゃん」とか言ってたな。
確かに…。塁が一番美味しかったかもねー。

達郎と哲郎は若く爽やか勢いブチュっとノリノリでちゅーでした。

公彦さんはと言うと、チュッ♪ みたいな、くぁあ~わいいキス顔でありました。
ん? 妄想? しないってばぁ~!!
どうせなら、桜子としたような濃厚な…(←オイ!)
\(_ _。)

毒島が勝手に「このアクリル板は、後でロビーに飾ります」
とか言うので、MCが焦ってました。が、しかし…
昨年のイベントで気を良くし、出演者以上にノリノリのスタッフのこと
きっと本当に飾る気に違いないと、この時わたしは確信したのだった。
で、どうでしたか? 飾ってありまして??

そして、毒島は自分のやるべき仕事をキッチリこなし消えていったのであります。
ありがとね、毒島さん♪

★公彦さんの締めの挨拶
「本日はありがとうございました。」みたいな挨拶と
「夜にもまた会いたいな。当日券まだあるし」ときっちり営業もこなす公彦さん。

が、しかしそんなホスト並みの営業トークには乗らないんだ…
残念な空也まなんかに溺れないぞと自分を戒めたのだ。
(何の我慢だ? 笑)

4-05.jpg

オスカーよろしく、王子様風挨拶で舞台袖へと消えてゆく公彦さんでありました。

ここでトークショーは終了。

記念写真撮影の準備から…順番待ち…
舞台へ上がりハンサムさんたちの姿を再び拝むまで長かったぁ~。

最初は識別番号とともに撮影
そいでハンサムさん達と撮影。

もうね、真近で見るハンサムさんたちは
美しい人形か何かのようで、人間というより蝋人形だなありゃ。
(注:最大級に褒めてますからね)

トークショーでの座り位置そのままに
徳山さんと真山さんの間へそろ~っと座ったつもりが…。
い、胃炎おこすほど言えん!
メモリアルフォトは開けずに封印だな。_| ̄|○

撮影を終え立ち上がった時、公彦さんの口元が動いた。
最初は何を言ってたのか??
よーく聞いてみると
イメージ21069.jpg
「今日はありがとうございました」と…。(*ToT*)


自分には「あっ!」という間の出来事だったけど
あれを400人オーバー、約2時間程続けた4人は凄い。

あとは、渡された封筒に住所と名前を書いて受付に渡し、
(いらないとか何とか言ってた割にしっかりと…笑)

残念な空也さまのDVDをしっかりと受け取って
テレピアホールを後にしたのでした。

何となく雰囲気が伝わったでしょうか?
少しは楽しんでいただけたら嬉しいんですけどね。

〈余計なひと言〉
記念写真撮影もいいけど、その時間をもっとトークとか
台に乗って回ってる姿も見たかったりもしましたね。(←毎回毎回、オイ!)

その日はお腹いっぱい♪ と思ってこれで見納めでも悔いはない…
な~んて思ったものの、やっぱりまたこんなイベントがあったら行っちゃうんだろうな。

残念な空也さま、いえハンサムさんもいいんですけど
どうせなら、オスカーとかだと面白そうですよね。
ま、興行的に無理でしょうけども。(笑)

では、また。

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:テレビ

『怪盗ハンサム』名古屋上陸スペシャルイベント その3 [怪盗ハンサム]

本日? 昨日からか…。
名古屋での「タナトス」上映が始まりましたね。
今回は残念ながら舞台挨拶のチケットが取れなかったのであります。
だって、平日の昼間に発表するんだもん。
仕事中だよ! 帰ったのも遅かったんだよ。
まったく、どーしろと!!
と愚痴ってもしょうがないんですけどねー。
とりあえず映画だけは見隊もんです。

ちょっと時間が空きすぎてしまいましたが、需要はともかくハンサムイベントの続きいきますよー。


なんともグダグダ感漂う雰囲気。どうすんだよ!? と思っていると…。

突然、会場がパトランプの赤い光とサイレンの音にに包まれて…。

3-01.jpg


毒島がハンサムさん同様(?)後方の扉から登場!
颯爽と…、いやエロギト丸出しで舞台へ…。(←何か、毒ないか?)
3-02.jpg

毒島:「大嫌いなハンサムがイベントやってるて聞いたから自腹で来たんだよ~」

公彦さんは、「呼んでないんですけど…」、「リアルになんでここにいるの?」と焦り気味。

本当に知らなかった?…のかどうかは闇の中。( ̄∀ ̄*)

MC:「毒島さんには、美人の彼女がいたんじゃないんですか?」

毒島:「結婚して、子どもは3ヶ月だよ」
3-03.jpg

美人の彼女と言ってもこの彼女のことではなく、
これ、リアル毒島こと石井さんのプライベートでの話ですよね。(笑)
石井さん昨年の10月に結婚されて、今年の6月にパパになられたんですもんね。
ところで、11月…、12月、1月…いいのか…。(←って、何を計算してるんだ?)

毒島が、「俺はハンサムが嫌いんなだよ」とか言いながら何やら手帳を取り出す。(←カンペやな)
「ハンサムテストをやる。一番ダメだったヤツには罰ゲームだ」的な事を言ってますと

ここで、「ハンサムBOX」登場。

※説明しよう「ハンサムBOX」とは、
 入場とともに渡されたクリアファイルに注意書きやらなんやらと共に挟まれていた
 オレンジ色した紙(「ハンサムワード」が書かれている)がいっぱい入ってる箱ことである。

 さらに、説明しよう。
 「夢の企画 ハンサムワード」とは、
 「4人のハンサムたちに言ってもらいたいハンサムワードを書いてください!」
 (ま、自分は何も書かずに持ってきちゃったんだけどね。(←オイ))
 と書いてあり、ハンサムワードと座席番号と名前を書き
 先ほど登場した「ハンサムBOX」に入れると
 その中から抽選で選ばれた人は壇上で
 ハンサムたちにその「ハンサムワード」を言って貰えて
 「うひひっ♪」という訳である。

これ書いちゃうとどの回にいたのかバレちゃいますけど…。(笑)

☆一回目「君じゃなきゃダメなんだ!」

この時、公彦さんはそそくさと舞台の右袖に移動。
何故だ? と思っていたら、
階段を上がろうとする幸運な女神に手を差し伸べ、
颯爽とエスコートしたのであった。
さすが、公彦さん。
ちょいちょい空也さまが乗り移るらしい。

3-07.jpg
ニコキラ♪



◆達郎
カッチカチやろ的な筋肉自慢の達郎は、「ホレここの筋肉触って」と太ももの筋肉を触らせ
「桜蘭高校」見てる? と余談を語り~の、大爆笑をあび~のからの
「僕の筋肉チェックは、君じゃなきゃダメなんだぁ~!」

あんま色気は…ないよな。(←オイ!)

◆哲郎
「いいスキニーだ」(穿いてね~よ!)
などとのたまい、兄弟揃って大爆笑をあび~の、ソファの隣に座り~の
「今日もオシャレだね。やっぱり、君じゃなきゃダメなんだ!」

う~ん。正直言ってようわからん!(←オイ!)

◆塁
モゾモゾとソファで隣りに座り、モゾモゾなんか言ってた。
(ここらへんでかなぁ、選ばれた人の下の名前聞いてたっけな)
メガネハズし~の「◯◯さんじゃなきゃダメなんだ」(ぼぞっ)

聞き取れなかったのか、聞いてなかったのかさっぱり覚えとらん。(←オイ!)
極度の恥ずかしがりやさん…つーかかなりのきょどりっぷり…。
これって真山さん自身のキャラなのか
それとも、塁というキャラに徹しているのかそこが謎なんだな。

◆公彦さん(はい、特別扱い。笑)
「いろいろ考えたけど、答えが出ない」
いきなり後ろにまわり軽く抱きしめ、「君じゃなきゃダメなんだ…(ふっ、って感じ)」

3-04.jpg
「君じゃなきゃダメなんだ!フンガ!!」 「いや~ん♪」


ではなくて…

3-05.jpg<「君じゃなきゃダメなんだ!」
3-06.jpg
「いや~ん♪」

こっちだな。(笑)

あま~い! 甘いよぉ?!! 
あのスーパーセクスゥィ~ウィスパーボイスで囁かれたらたまらんのー♪
血圧上がって死んでまうがな! ●| ̄|_

客席からは、ため息と羨望と…嫉妬の炎も(?)…。( ̄。 ̄;)


☆二回目「お前なんか好きじゃない、でも愛してるんだ!」(た、たぶんそんな感じ…(- -;))

で、今回は公彦さん以外の3人のハンサムさんたちが女神をエスコート。
これがまた、公彦さんとは違いダラダラグダグダな感じで可愛かった。
が、それをじぃ~っと見ていた公彦さんさんには
「おまえたち…長い!」と突っ込まれる始末。ワハハハッ♪

◆達郎
「海がキレイだねえ~!」
「お前なんか好きじゃない、でも愛してるんだ!」

なんだかなぁ。
コレって、ツンデレな男のハズだよねぇ。

◆哲郎
「いいスキニーだ…(とか何とか)」(一同大笑)
「おっちょこちょい…(とか何とか)」
「???…、でも愛してるんだ!」

ちゃんと、ツンデレ設定だったような気がする。

◆塁
二人でテレビを見てるという体で…。
メガネをはずすと実はいい男というドラマでの設定を利用してか
女神に向い、おもむろにメガネをはずし
「好きじゃないけど、あ…、愛してる」とどこまでもたどたどしく。

うん。そうね、塁にはツンデレ設定なんて無理ね。(笑)

正直と他のハンサムさんの時のことはあんまり覚えていない…。
何で覚えてないんだろ?
あ、多分ね、公彦さんばっかり見てたから。(←オイ!)
だってさ、公彦さんたら

3-08.jpg


ってな感じで

舞台をウロウロ。

3-09.jpg

そして、何かを思いついたようで舞台袖の誰かと話をしているらしい様子。
しまいには、舞台袖に消えてしまい…。
しばらくすると黒い携帯を手に戻ってきた。


余計な妄想(画像ですな)が多すぎてまたまた長くなりすぎたので
懲りもせず、その4に続くのであります。あしからず!

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。