So-net無料ブログ作成
検索選択

be with you [あなたと一緒に] 26-1 [SPEC]

「あ、瀬文くん?
 もう退院するの? 慌てなくてもいいんじゃない?」

「僕が行ければいいんだけど・・・あっ、そぅお?
 それなら、明日は当麻くんに行ってもらうから」

「えっ、今日の夕方? ちょっと早くない?」

「それじゃ、お店の場所は当麻くんに渡しとくから
 せめて僕からの退院祝い受けとって帰って。
 仲良くね。二人でね。食べてね。これは命令だからね」

電話の向こうで睨みを効かしているであろう瀬文の返事を聞かず野々村は電話を切った。

そこへ吉川と一緒に昼食に出かけていた当麻が戻ってきた。

「当麻く~ん。瀬文くんが今日退院するそうだから迎えに行ってくれる?」

「はっ? もう退院するんすか? 早くね?
 それに、めんどくさくないですか? 
 子供じゃあるまいし・・・てか、おっさんだし。
 一人で帰れるっしょ。殺しても死なないっつーの」

「これこれ・・・。そんなこと言わない」

「係長が行けばいいじゃないですかー」

「えっ、僕はちょっと・・・その用事が・・・」

「雅ちゃんすか? デートっすか?」

「ゴホン! あの当麻くん。
 瀬文くんのお見舞いに一度も行ってないよね」

「行きましたよ」

「だったら、どーして僕が瀬文くんにて渡したフルーツの籠盛りの籠だけがここにあるのかね?」
 行ってないよね? 食べちゃったんだよね。
 だから、今日ぐらい行ってもいいんじゃないの? 助けてもらった訳だし」

「そうやで、行ってやれ。そのぐらいしてもバチは当たらんでぇ」

と業を煮やした吉川が二人の会話に割って入った。

「分かりましたよー。行けばいいんでしょ、行けば」

「うんうん。定時前に出ていいからね。じゃあ、瀬文くんによろしく」

観念した様子の当麻に妙にご機嫌な野々村が小さなメモを手渡した。


その少し前、ある決心をした瀬文は海野を脅していた。

「海野。俺のことを『銀の杭でも打ち込まないと死なない』とか何とか言ってたらしいな。
 だったら、退院させろ!」

「当麻さんに聞いたんですね」

海野はいつもの如何わしい笑みを浮かべた。

「聞いてねぇ。とにかくすぐに退院させろ!」

「あなたの言うことはいちいちムチャクチャですね。
 そうですか・・・。ダメだと言っても無駄でしょうね。
 わかりました。その代わり・・・・・」

すっかり諦め顔の海野に退院の許可を得て、
上司である野々村に今日の夕方には退院するという報告とある頼みごとをしていた。


大きく赤い夕陽が幻想的な赤みを帯びて病室の中を照らし始めた頃、
当麻が冬の冴えた空気を張り付けてやってきた。

開けた扉の中に入るでもなく瀬文とは顔も合わせず当麻が口を開いた。

「お勤めご苦労様でした」

「おい、俺は出所する訳じゃねぇぞ!」

仏頂面を張り付けたまま、片眉をピクリと上げた瀬文にいつもの拳が飛んでくるに違いないと当麻が肩をすぼめていると

「わざわざ、来てもらって悪かったな」

と瀬文は驚いたことに素直に礼を言ったのである。

「どうかしちゃったんすか?」

「こんなところで喧嘩していても何も始まらんだろう」

「それはそうですけど・・・」

いつもとは様子の違う瀬文を当麻はどこか寂しく思った。


紙袋だけを片手に病室を出て行こうとする瀬文。

「荷物は?」

怪訝な顔で当麻が尋ねる。

「それなら、美鈴ちゃんが来て片付けていった」

「はぁ~っ? それなら迎えなんていらなかったじゃないですか?」

「そうかもしれん。だが・・・。べ、別にいいだろう。
 とにかく行くぞ!」

「お前の隣りにこうやって居ると何だか落ち着くな」

――ふっと洩らした言葉にどことなく気まずい思いで隣を見るとそこには確かに瀬文がいた。
  それだけのことなのにあたしは胸の鼓動を鎮める事が出来ない。

満ち足りた大らかな気持ちと光の記憶が当麻を包んだ。







取り敢えず、今回はここまででというか途中ですみません。
続きは早めにUPしますんで。

では、また。


タグ:当麻 SPEC 瀬文
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

be with you [あなたと一緒に] 25 [SPEC]

里中から潤のことを聞かされてからというもの
瀬文は自分の中の何かが揺らぎ始めたのを感じていた。

こんな時、いつも傍にいてくれるはずの当麻にも相変わらず連絡が取れないまま
苛立ちとやるせなさが募る日々だけが過ぎて行った。


北風に押されるように当麻は病院の回転扉をぐっと強気に押して入り口をくぐると、
ガラガラとキャリーを引きずりながらそれに迷惑そうな人々には目もくれず
吹き抜けの広いロビーを通りぬけて行く。

病室に近づくにつれ、勢いの良かったその足取りは急に重くなり
ゆっくりと入口の横で立ち止った。

ふーっと大きく息を吐いてから、そっと空いたままの扉から中を覗き込むと
久しぶりに見る瀬文は髪が少し伸び、無精ひげが生えたままでまるで見知らぬ男のようだったが、
不意に浮かびあがる端正な顔は普段と変わりなく無表情で、少しばかり悲しげに眉間を寄せている。

いつもと違う姿に「誰だよ?」と一人突っ込んだだけで、病室には入らずそのまま立ち去ろうとした時、

目を閉じベッドに横たわったまま寝息をたたていた瀬文が
人の気配を感じたのか少しだけ瞼を開けた。

「里子か?」

その声を聞いてビクリとした当麻が足早に立ち去っていったのと入れ違うように青池里子が病室に入ってきた。

「タケール。生きてるか?」

パタパタと潤が付いてくるのを追いかけるように宮野も後から入ってくる。

「これ、オミアイよ」

「お見舞い。。。ですね」とすかさず宮野が突っ込んでいる間に
潤が瀬文のことを不思議そうに見ていた。

「潤ちゃん?」

「パパ?」

瀬文が潤の手を取りそっと握る。

「ちょっとちょっとー、何を勝手に! この人はパパじゃないの、潤」

「みゃーの、潤をお願い」

宮野に連れられて潤が病室を出て行くのを目で追う瀬文の視線上に青池が立ちはだかった。

「里子・・・」

「タケール。里中さんに聞いたんでしょ、潤のこと。
 あなたより仕事を選んだことも、子供が出来たこと言わなかったのも、
 あなたの子供が死んだこと黙ってたことも全部、私の意思。
 幾ら責められても謝るつもりはないわ」

「黙って俺の前から消えたこと、任務のためというなら仕方ない。
 今更責めるつもりはないと言ったろ。
 だがな、お前の幸せが俺の許には無かったというのならそれもいい。
 お前とは共に戦い、同じ歩幅で前に進み、全てをぶつけ合える
 そういう関係だと思っていたのは俺の勘違いなのか?
 子供まで一人で産もうとしたなんて、俺の何が悪かった・・・教えてくれ、里子」

「求めなければ気がすまないくせに、求められることに疲れて
 苦しくて、逃げたのよあなたから・・・。
 二人の関係を、あなたの想いを打ち砕いたのは私。
 だから子供のことは私の我が侭、あなたには何の責任もない」

「お前をそこまで・・・すまん。
 どういう形にせよ、いつかお前を失うかもしれないという不安があったのは確かだ。
 俺もどこかで分かっていたのかもしれんな」

瀬文は血の滲むような後悔が喉から漏れそうになるのを必死で飲み込んだ。
そして自分に出来ることは、もう何もないのだと悟った。

「潤があなたの子でも、そうじゃなくても
 もう元には戻れないし、戻りたいとも思わない。
 それは、タケールも同じでしょ」
 だから、前へ進んで! 捜一に行きなさい」
 
今回の事件の功績なのか、瀬文は捜査一課への異動の打診を受けていた。

公務員である以上、命令は絶対だ。
 無論辞令が下りればそれに従う。異動する気はないかと聞かれただけだ」

「タケール! あなたはあんな穴蔵にいるべきじゃない。
 刑事として活躍したくないのか?
 どっちにしても退官するまで、異動なしという訳にはいかない。
 私が潤を守りたいようにあなたにも守りたいものがあるのは分かる。
 けど、バディとして隣にいることだけが守ることじゃない」

「きっと・・・、これが里中さんが私の口からあなたに言わせたかったことだと思う」

瀬文にはその言葉が、なだめているようにも、罵っているようにも、必死で呼びかけているようにも聞こえた。

やがて、青池がその表情に笑顔をつくる。

「タケール。もうこの話は終わり。もう私たちのことは気にしないで。
 あたしだってまだ若いんだからいい人がいて、
 潤が気に行ってくれるなら結婚だってするかもしれないんだから」

「今度は、タケールとトゥーマがちゃんと話をする番ね」

「それが・・・当麻とは連絡も・・・」

「ん? トゥーマならさっきそこで見かけたけど」

「えっ?」という顔をした瀬文に背を向けた。

「じゃあ、トゥーマによろしく。ちゃんと前へ進むのよ」

ひらひらと手を振りながら青池は病室を出ていった。


談話室で待っていた宮野は自分の膝の上で眠ってしまった潤の髪を優しげに撫でていた。
瀬文との話を終えた、青池の姿を見つけると宮野は緩んでいた頬を引き締め
寝ている潤の顔を覗き込むようにしゃがんだ青池の耳元で囁いた。

Am I the only person you want?
(僕じゃダメですか?)

Do you think I deserve it?
(私でいいの?)

「過去から卒業して下さい。
 あなたも潤ちゃんも僕が幸せにしてみせます」

そう言う宮野に青池は肯定も否定もせず、チクリと痛んだ胸の痛みを抱えただ真っ直ぐ前を向いた。



『天』で里子さんに姿を消した理由も聞かず、
その時自分がどうしたのかも当時の気持ちも今の気持ちも何も言わなかった瀬文さん。
(ま、潤のことはさすがにすごーく気にしてたけど)
そのあたりのこと聞きたかったなーと思いまして・・・へへっ。

もうね、とっとと里子と宮野でくっついちまえよ!(笑)


では、また。


タグ:当麻 SPEC 瀬文
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

be with you [あなたと一緒に] 24 [SPEC]

廊下から聞こえてくるのは
ワゴンで何かが運ばれていく音。看護師の話し声、見舞客の笑い声。
外を見ればすっかり葉を落とした木々達は寒そうだが、病室は日差しに包まれて温かかった。

病院での一日は、何度入院しても、どんなに慣れても退屈なもので
まして、ベッドの上とはいえ起き上がれるようになっては尚更だ。

あれから10日は経つというのに、一度も顔を出さないどころが電話にも出やしない。

「まったく・・・。当麻のヤロー、何をむくれてやがる」

誰に聞かせるともなく、瀬文は一人呟いていた。


大きめの靴音が病室の前で止まる。軽いノックの後、返事を待つこともなく扉が開いた。

「よう、調子はどうだ?」

相変わらずの人懐っこい笑顔で片手を歩く上げ、里中が中に入ってきた。

「先輩?」

精一杯背筋を伸ばし、瀬文はいつものように敬礼した。

「その様子なら大丈夫そうだな。けどな堅ぇんだよ、お前は。
 これ。お見舞いだ」

里中はフルーツの籠盛りをひょいと瀬文の視線に持ち上げる。

「はっ、ありがとうございます」

「ったく・・・。
 これは、お前にというより当麻ちゃんにだぞ」

ニヤリと片方の口角を上げ、サイドテーブルに籠を置きながら言葉を続ける。

「そういや、当麻ちゃんは? 今日はまだ来てないのか?」

「それが・・・」

「どうした?」

「ずっと顔も出さず、電話にも出ません」

「ふ~ん。どうしたんだろうな? あんなに心配してたのになー。
 知ってるか? 当麻ちゃんなー、お前が目を覚ますまで片時も離れなかったらしいぞ」

そう言えばと、瀬文は目を覚まし見た当麻の疲れた様子と目の下のクマを思い出していた。

「おまえ、何か余計なこと言わなかったか?」

「いえ、自分は別に・・・。ただ、当麻によれば自分の記憶が少し飛んでるようで」

「そうか。でもさすがに青池のことは覚えてるよな」

「はい」

「実は、あいつのことで話があってきた」

「里子の?」

「なあ、瀬文。
 当麻ちゃんの前で青池のこと『里子』って呼ぶのはやめとけよ」

「何ででありますか?」

「そんなこともわかんねぇようだから、お前は女にモテねぇんだよ」

里中の表情が軽い笑顔から真剣なものに変わる。

「瀬文、潤ちゃんのこともちろん知ってるよな。
 で、あの娘のことどう思ってる?」

「里子は、俺の子供ではないと言ってましたが」

「お前、その言葉を信じたのか?
 まあいい。これから俺の話すことを黙って聞け」」

「・・・」

「あのな、お前の前から姿を消してから暫くして
 あいつは自分が妊娠していることに気がついたそうだ。

「じゃあ、やっぱり潤は俺の・・・?」

「瀬文、ちょっと待て。話は最後まで聞け」

「あいつは、自分に宿る小さな命のことをお前に告げることなく
 一人で産んで育てる決心をした。

 定期健診で行った病院である女性と出会い、
 その人も自分と同じ選択をしたことを知った。

 二人は姉妹のように仲良くなり、悩みやお腹の父親のこと
 何でも話しあったらしい。

 その女性が、出産後、青池が付き添い退院した日に悲劇は起きた。
 不幸な交通事故だった。

 青池は大怪我こそしなかったが、お腹の子供を失った。
 女性の産んだ子供は無事だったが、その子は母親を失った。

 その女性は亡くなる直前、絶え絶えの息で自分の子供を青池に託したそうだ。
 その子供が潤ちゃんだ。 だから、潤ちゃんはお前の子供じゃねぇ」

「だが・・・、
 もしかしたら、青池は潤ちゃんを失ったお前の子供だと思って育ててきたのかもしれん」

瀬文は喉の奥が乾いてひりつくのを感じた。

里中の話に言葉を失う瀬文の眼差しは怯えの影さえ含んでいる。

「青池は絶対にお前には言うなと言っていたが、
 俺はお前には本当のことを知る権利も義務もあると思う。だから話した。
 でも、責任だなんだのと言い出すなよ。あいつはそんなこと望んじゃいねぇ。

 真実は時として残酷だ。だが、それを乗り越えなければ前には進めん。
 青池とちゃんと話せ。過去と向き合え。自分の気持ちに決着をつけろ!
 そして、二人ともいい加減に前へ進んで歩き出せ」

瀬文は、ただ黙って頷いた。

その夜、瀬文は現実が幻か解らぬまま、
木枯らし吹きさらされたよう冷えゆく心に孤独を感じた。

廃墟のような殺風景な檻の中・・・?
ここはどこだ?





SPECが存在しない世界で、潤ちゃんが瀬文さんの子供ではない理由、
色々と考えました。

映画の中で、里子は血液検査やDNDの鑑定結果を知るまでは
潤ちゃんを瀬文の子供と信じてたと思うんですよね。
だから、このお話の中でも他の男の子供にはしたくなかった。

で、ご都合主義と言われるかも知れませんがこういう理由になりました。

このことを知った瀬文さんはどうするんでしょうね?


では、また。



タグ:当麻 SPEC 瀬文
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

be with you [あなたと一緒に] 23 [SPEC]

遠のく意識の中、叫声を聞いた・・・
いや、確かに聞いたような気がした。
なのにその声が誰のものなのかは分からない。

体は熱くて麻痺しているように動かないが、
それはまだ心臓が止まっていないということだ。
人間、そう簡単には死ねないらしい。

寄せては返す、波のように喪失感と穏やかな気持ちが交互に胸の中に広がっていく。
波音がざわざわと音を立てる度に、まるで何かが抜けだして行くようだ。


『ここはどこだ?』

はっ、としたように突然目を見開き、瀬文は2日振りに目を覚ました。

「誰だ、お前?」

目の前に立つ女が自分を見つめる視線を感じてに瀬文が声を発する。

「へっ? 瀬文さん?
 今日はエイプリルフールじゃないっすよ。そんな冗談笑えませんて・・・」

――頭、打ったか? 打ったのか? 打ちどころが悪かったのか? 
  まさか記憶喪失とか? な、バカな・・・。

戸惑う当麻をよそに瀬文は眉間を寄せて、何かぶつぶつと言いながら考え込んでいる。

「ぼさぼさ頭・・・、よれよれスーツ・・・、 赤いキャリー・・・、魚顔のブス・・・
 んでもって、餃子くせぇ! おま・・・当麻か?」

「そうっすよ。あたしの認識の仕方、大分失礼っすけどねー」

――良かった。少なくともあたしのことは忘れてないんだ。

「どうでもいいが、何だ! その目の下のクマ。いつも以上にブスだな」

と、さらに不貞腐れ気味の当麻に追い打ちを掛ける。

――あんたのこと心配であんまり寝てないんだろーが!

「うっさーにゃ、おみゃーは! 
 顔中、絆創膏だらけのヤツに言われたくないんすけど」

――まったく、この男はいつも満身創痍だ。

「ところで、俺は何故ここにいる?」

「ホントに覚えてないんですか? 事件のこと・・・?」 

――そりゃ、忘れたくもなるか・・・。
  
「そうじゃねぇ。ただ・・・」

「ただ?」

「何で撃たれたのか、浅倉の野郎やお前と何を話したのかが思い出せん」

「そうっすか。
 じゃあ、瀬文さん。これからあたしがする質問に答えて下さい」

「・・・ああ」

「瀬文さんの所属先は?」
「公安部公安第五課未詳事件特別対策係」

「海野って誰?」
「ここの医者」

「ニノマエ」
「知らん!」

「青池里子、青池潤」
「昔の女とその子供」

「へぇ~? 嫁と子供じゃ?」
「くだらなんこと言うならもう答えん!」

「すんません。続けていいっすか?」
「しょうがねぇ」

「SPEC」
「ん? 知らん!」

「里中さん」
「先輩」

「津田」
「知らん!」

「志村」
「後輩」

「これは?」
「知らん! 何だそれ?」

質問の最後に当麻が見せたのは、元は小さな仏像だった割れた木片だった。


『やっぱり・・・』

波動関数上の解を導き出すまでもなく、当麻の脳が答えを導き出していた。

あの世界の瀬文は目の前にいる瀬文に命を繋ぎ、廃墟のような殺風景な檻の中で、その命を終えたのかもしれない。
そして、あの時ずっと会いたかった『当麻沙綾』を掴まえて一緒にどこかへ行ったに違いない。
結局、目の前の瀬文は瀬文であって瀬文ではないということだ。

『どうせなら、あたしのこの記憶も消してけよ。バカ瀬文』

今はもう薄くなったロープで縛られた時についた手首の痕を見ながら当麻は一人納得するように頷いた。

「おい、当麻?」

「大丈夫、大事なことは忘れてません。ちょっと頭打っただけですよ。そのうち思い出しますって」

「そうか・・・」

瀬文が拍子抜けしたように呟いた。

「あ、いらないなら、これ貰っていいですか?」

握っていた木片を再び瀬文に見せる。

「どうするんだ、そんなもの?」

という瀬文の問いかけには返事をせず当麻はキャリーを引いて病室を後にした。

当麻が部屋を出るまでの間、瀬文の視線が途絶える事は無かった。
何故なのか瀬文は去っていく当麻の姿を見てふっと笑った。
それは当麻が見れば違和感を覚えるであろう程の屈託のない柔らかな笑顔だった。
だが、その方がきっと瀬文の本来の顔なのである。

現実の時間にすれば1年余りはあろうと言うのに、今では一瞬のことのように感じられる。と同時にこれは、
互いの命を預け、魂を分かち合い、全てを超越した固い絆で結ばれたあの世界の瀬文との関係の終わりの始まり。
当麻の胸は運命が流れて行く感覚と冷たい喪失感に包まれていくのだった。






せっかくいい感じになったのに、また振り出しに戻してどーする!
と怒られるかもしれませんねぇ。
でも、大丈夫この二人はいつか絶対に幸せになれるはず。
と信じて書き進めることにします。(笑)

では、また。

タグ:当麻 SPEC 瀬文
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:テレビ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。